git pushした後にコミットメッセージを変更したい時

こんにちは、きゅ〜ぶです。
タイプミスしたcommitをそのままpushしたこと実は何度かあってその度にコミットメッセージを修正してpushし直すんですけどその辺の知見を備忘録的な形で残しておきたいと思います。

想定:一度、既にリモートブランチにpushしていてレビュアーから指摘を受けて指摘修正時のコミットメッセージを間違えた時

$ git checkout -b feature/#1_create-migration-file
$ git pull origin master

マイグレーションファイルを作成

$ git add -A
$ git commit -m "#1 マイグレーションファイル作成"
$ git push origin feature/#1_create-migration-file

これでプルリクエストを一度送ります。
それでレビュアーから指摘がきます。
指摘を修正して以下を実行します。

$ git add -A
$ git commit -m "#1 マイグレーションファイル作成" ←間違えて前と同じコミットメッセージに...
$ git push origin feature/#1_create-migration-file

これでGitHub上で確認してコミットメッセージが間違ってることに気づきます。
そのあとの対応は以下です。

$ git commit --amend -m "#1 指摘修正"
$ git push -f origin feature/#1_create-migration-file

-fは強制的に実行するオプションなのでこれをつけて強制pushします。
そうするとプルリクエストを送ったコミットメッセージが変わってることが確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました